不動産の売却・処分

老後資金を得るための不動産売却サポート

人生100年時代と言われ、人生のうち「老後」と言える期間が長くなってきました。それにともない、「住む家はあるけれど、老後の蓄えが心配」という人も増えています。特に住宅ローンが払い終えていない方は、より切実な不安を抱えているのではないでしょうか。
老後資金を得るために、家を売却するという選択肢があります。不動産価値のあるうちに売却することで、纏まった金額を得ることができ、それを老後の生活費にしたり、介護施設への頭金にあてたりすることができます。
ひとくちに家を売るといっても方法はさまざまであり、大きく次の2つがあげられます。

■ リースバック

リースバックとはご自宅を売却して現金化し、売却後も住み続けることができるサービスです。住み慣れた自宅で生活しながら、まとまった資金を調達することが可能です。
所有権が不動産会社に移動することで、固定資産税や修繕費などの支払いが不要になります。税金などの負担が抑えられることは大きな魅力です。

■ 単純売却

「自宅に住み続ける」というこだわりがないのであれば、手持ちの不動産を売却する事が、もっともシンプルに老後資金を得る方法といえます。 リースバックとの大きな違いは「住む場所が変わる」ことです。

それぞれで資金獲得の方法は異なり特徴も違うため、状況に合った方法を見つけることが大切です。
また、現在お住まいになられてはいない遠方に所有している不動産、賃貸中のアパート、建物が古くなって空家になっている土地等々でも価値のある不動産に変わりはありません。
ゆとりあるセカンドライフの為に、ご所有不動産を活用しましょう。

「ご所有不動産を老後の資金に」とお考えの方は、まずは査定をして価格を知る事が大事です。
一般社団法人横浜市終活相談窓口では、専属の不動産プロフェッショナルスタッフがございます。
まずは、無料査定からご相談ください。

生前整理・遺品整理

体が元気なうちに、”もしも”に備えて身辺や財産など身の回りを整理することを生前整理といいます。
遺品整理は、ご親族や身内の方がなくなった時に、その方が生前にお使いになっていた身の回りのお品物を整理します。

 詳細を見る

相続対策・法律相談

相続をどのようにしていくかは、財産を所有する人の権利でもあり責任であるといえます。
残された家族は迷うことのないよう、生前に準備をはじめましょう。

 詳細を見る

不動産の処分

売却物件の市場をしっかり精査し、ネットワーク活用しながら不動産の売却をサポートいたします。

 詳細を見る

身元保証

老人ホームや医療機関(病院など)が責任を負え ない事態、あるいは運営や治療行為に支障がある事態に対しその責任を負うのが、身元保証(身元 引受人)です。

 詳細を見る

後見制度・家族信託

家族信託とは、他人に依頼する「委託者」依頼される者「受託者」信託契約によって利益を受ける者「受益者」
という三者間で法律関係のことをいいます。

 詳細を見る

遺言作成

自分の死後「意思を家族に伝える」または、遺産分割の争いにならないよう、生前から相続の方法を決めておく。
これが『遺言』です。

 詳細を見る

お問い合わせ・資料請求はこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-616-663
(無料)
受付時間:9:00〜20:00
(年中無休)
PAGE TOP